fxと税金を知っておこう

fxと税金は気になっている人もいらっしゃると思いますのでこちらでも上げてみましょう。fxというのは、外国為替証拠金取引のこととなるですが、このfxの取引をして収益を得たときには、個人での場合は所得税の中でも雑所得といった取り扱いとなるのです、なのでfxの収入が総合課税の対象となるといわれるのですね。fxでの収益での額、20万円以上を超えた場合には、確定申告も行わないといけません、納税もしないといけません。

fxと税金では、20万円以上の超えたといった場合に、確定申告と納税が必要になるといわれますが、これはfxの収入が20万円を超えたといった場合に限らないで、fxでの収入が20万円を超えないといった場合であっても、fx以外で他に収入があるといった場合に、その収入と合算をした合計金額が20万円を超えたときには、たとえfx収入が20万円以内であったとしても税金を納めるといったことになるのです。

仮に扶養控除や、配偶者控除に入っているといったひとがfxで収入を得て20万円以上を超えたといった場合には、その人自身の確定申告が必要となるのですが、それ以外に扶養をしている配偶者の所得計算などで、配偶者控除・扶養控除といったことが適応をされなくなってしまうといったこともあるようですね。なので、fx取引をしている人は税金についてもよく勉強して知っておかないといけないと思われますし、確定申告も必要といったこともあるので、このfx取引と税金との関係は非常に密接しているのです。20万円以上をfxをして収入を得るといったことが出来た場合に、税金を納めなければいけないといったことはよく理解しておきましょう。

そんなつもりがなかったといった場合でも、申告漏れということが起こってしまいますと後々が大変ですので、fxや他の収入である程度利益が出てきているようでしたら、一度きちんと調べておくことをオススメします。

fxの確定申告って?

fxと確定申告は取引を開始しようと思っているかた、始めているかたで不明の人もいらっしゃるかもしれませんのでご紹介してみましょう。

fxの取引を長くなっているといった人は確定申告の有無といったことはご存知の場合もあるでしょう、ただfxをこれから始めようと考えている方、初心者のかたなどはfxと確定申告についてといった知識はあまり無いかも知れないでしょう。

fxと確定申告では、fxで儲けたことになるお金については確定申告をしないといけない収入になるのかといったことについてご紹介しましょう。
fxで得た収入で20万円以上になった人は、確定申告をしなければいけません。20万円以下の人はfxで収入を得ていましても、確定申告はしなくても良いということになるのです。fxで20万円以上の収入を1年間で得たという人は、雑所得といった扱いになり、確定申告をして所得税を支払うのです。しかし20万円になっていないといった人は確定申告をしなくてもよいといったことになっています。

ただ注意が必要ですが、会社員のかたなどで、fx以外に他にも株の取引をしていたりしてfxでは、20万円以下の収入だが、株の収入と足すと20万円以上と超えてしまうといった場合には、確定申告をする必要があります。これは株に限らずで、fx以外でアルバイトなどをしていて収入があり、その収入がfxで得た収入とあわせて20万円以上になっているといった場合では、fxの収入が20万円以内であった場合でも、確定申告をしなければいけないということになるのです。

fx初心者の人で、確定申告の必要性がどうなのか?といったことが難しく思われているかたもいらっしゃいますが、20万円ということを忘れないようにしてください、また他の収入も足しての計算になるといったこともお忘れないようにして下さいね。fx(外国為替証拠金取引)で確定申告をきちんとしないとニュースでもありましたが、後で大変なことになりますからね。
fxの必勝法を学ぶ【初めてのfx】HOMEへ