fx用語のロスカットの仕組み

fx取引を始める前にロスカットの仕組みを理解しておきましょう。このロスカットは取引に必要である保障金額が下がっていくことによって、fx業者が取り決めてある割合を下回ってしまったときに、強制的にポジションが全て、反対売買によって決済をされるような仕組みとなります。1口座での状況を評価したときに、実質保証金合計額と呼ばれるものが必要保証金合計金額の25%以下になった場合に、投資者のその口座でのポジション全部を自動的に決済をするといった仕組みをしているfx業者もあるようです。ロスカットを設定している目的は、損失をある一定の範囲で抑えるためではありますが、相場が急激に変動してしまったときなどには、25%ではおさまらないで預けている資産以上の損失になることも考えられますので注意が必要です。これがfxでのレバレッジを効かし大きな取引をして利益を得るか、大きな損失になってしまう可能性もあるといったfx取引の特徴でもありますね。そういった中で、損失を拡大させないようにするためのルールが、マージンコール・ロスカットコールとなります。信用取引などで聞いたことがある追証のようなものですね。
ただ売買をしたくないときに、自動的に売買されてしまうこともあり得ますのでfxでロスカットにならないようにする為には、実質保証金合計金額、必要保障金合計額の二つの割合が悪くなることがないように、余裕をもって保証金を預けておくのも回避の手ではあります。fxのロスカットでいくらならならないとは、投資者の持っているポジション・預入金額といったもので変わってきますので言えませんが、対策としてfx資金のうち限度額最大までポジションをもつといったことをしないで、ロスカットの水準が近くなってきた場合に早く的確に対処するといった対応は重要ですね。あがると読んでいたのに、自動的に決済されてしまって損失になってしまったなんてこともロスカットを気にしていないと考えられますので、fxでの取引ではよく注意しておきましょう。
fxの必勝法を学ぶ【初めてのfx】HOMEへ fxの必勝法を学ぶ【初めてのfx】HOMEへ