fx用語のマージンコールの意味

fxの取引をされる前にマージンコールという言葉や仕組みがあることを知っておきましょう。これは、fxでの取引での必要な保障金額がfx業者で取り決めたことである割合を下回ってしまった場合に出されることになる警告をなります。わかり易くいいますと、もしこのまま相場が下がってしまうと、預けている保証金の何%を割り込むことになるという意味の警告ですね。このマージンコールがおこったときの処置や基準に関してはその取引をされているfx業者により違いますし、マージンコールを採用はしていないといったfx業者もありますのでそこもふまえて、業者を選ぶ際には比較したほうがよいかも知れません。
一般的にはこのマージンコールがおっこった場合には、これ以上の損失がでないように決済をする、翌銀行営業日までに金額を入金する(維持率の回復までの)といった方法ではないでしょうか。またもしもっと証拠金を割り込んでいってしまった場合には、fx取引では証拠金の追加といったような選択肢はなくなって、強制的に決済をするようにすることになったりします。これは、強制ロスカットと呼ばれて損失がどんどん膨らんでしまってしまい預けている証拠金からのマイナスになってしまうような状態から投資者を守るといったような仕組みでもあります。
fxでのレバレッジ設定と、このマージンコール・強制ロスカットの基準はここで関係してくるのですね。
fx業者でこんな例があります、ここでは投資家に対してのリスク管理を助けることを目的としてマージンコール制度を採用していて、30分おきに、時価評価・値洗いをfx投資者の口座に行っているようです、そして毎営業日での午後3時になったときの評価損での合計金額をみて、預けている資産での半分以上になってしまった場合に資産での担保の力が著しく下がっているとの判断で、fx投資者へ警告でのメールを出すようです。こういった仕組みをマージンコールの例です。この場合は口座での維持率が50%を下回ってしまった場合ですがここでの基準などはその取引をしている業者によって違いますので、リスク管理としてマージンコールが必要と感じたらそういった仕組みを提供している会社を選ぶようにして基準も確認するようにしましょう。
fxの必勝法を学ぶ【初めてのfx】HOMEへ fxの必勝法を学ぶ【初めてのfx】HOMEへ