fx用語のレバレッジの意味は

fxでよく使われる言葉の中でレバレッジというものがありますので、こちらもfx初心者のかたは覚えておきましょう。意味を直訳するとてこ、という意味ですがfxにおいては、元本に対する、投機的取引金額の倍率を意味する言葉としてこのレバレッジが使われます。fxを開始するときに、証拠金(保証金の意味合い)を始めにfx業者に預けます、そしてその証拠金を元手として価値が何倍もあるような通貨を購入して投資します。この際の取引する金額と証拠金との割合のことをレバレッジと呼ぶわけです。
外貨MMFや外貨預金といった他の外貨建ての金融商品と違いfxでは、実際に取引を行っている金額に対して、少ない投資資金(証拠金・保証金)で売買をすることが出来るのです。そしてこういった取引のことをレバレッジ(てこ)を効かした取引といったように表現をしたりします。小さな力で大きなものを動かすてこの原理の意味と重ねて考えるとわかりやすいかも知れませんね。
fxの特徴のひとつがこのレバレッジといってもよいと思いますが、他の外貨建て、金融商品との違いもこのレバレッジの差が大きいことも上げられます。ただ注意したほうがよいのは、fxでのレバレッジが高いということは、利益もそうなのですが、損失も大きくなりますので、このレバレッジを調節することにより、きちんとリスクとリターンを管理していくことがfxの取引では重要となるでしょう。
レバレッジ1倍といったものが、外貨金融商品にありますが、これは外貨預金のことで、この外貨預金には、レバレッジ1倍での取引が可能である外貨預金型注文というのがあるので、もし外貨預金をしているけど手数料のコストがかかりすぎて困っているなどど考えたことがあるかたは一度調べてみてはどうでしょうか。
レバレッジを効かした取引になりますと、元手(取引保証金)よりも大きい金額を運用していくこととなりますので、このレバレッジが高ければ高いほど少しの市場の動きでもお手持ちの口座の資産価値が大きく変動していきますので、fxを始めるかたは知っておきましょう。
fxの必勝法を学ぶ【初めてのfx】HOMEへ fxの必勝法を学ぶ【初めてのfx】HOMEへ