fx用語のスワップ

fxの用語でスワップと言う言葉があります、聞いたことがあるかもしれませんがこのスワップとは交換するとの意味ですが、fxでのスワップでは日本と通貨発行国での金利の差をさします。例えば、日本円での金利がその通貨発行をしている国での金利の低いときにその外貨を購入をした場合に、日本とその発行国での金利差がスワップポイントとなって加算がされることとなります。金利収入と捉えるとわかりやすいかもしれませんね。
fxでは外貨を円を売って購入することができ、これは通貨を交換すると考えてもよいですが、この取引の際につく金利をスワップポイントやスワップ金利と呼んだりしますのでfx初心者のかたは基本ですので覚えておきましょう。日本では低金利が続いて長いですので外国での通貨を買った場合に低金利ですので、円金利が外貨金利を上回るといったことは現在のような低金利ですと考えにくいですね。ですので通常ですとfxでドルを購入をしたといったときには、スワップによってお金をもらえるといったことになります。もし円の金利がドルの金利を上回ることになるときには、fxで円売りでドル買いをしているような場合は投資家の人は反対にスワップとして金利差分を支払うことになるのです。現在もし、円買いでドル売りのようなポジションをお持ちの方は、スワップを支払うといったことになりますので注意しましょう。
fx初心者のかたで注意したほうがスワップでまだあります、これは反対売買(決済)をしなくては受取ることが出来ないとのことです、例をあげて説明しますとfxでドル/円をもっていたとして100円が毎日スワップとしてついたとして、年間にして36,500円といったスワップを手にしたことになります、ただ口座から出金が出来るようになるのがお持ちのドルを決済したときになるということです。こういった心配や注意もしておかなくてはいけませんので、fxの業者を比較して選ぶ場合にも、スワップを毎日引き出すことが出来るのか、決済してからでないと引き出すことが出来ないのかどちらの会社なのか確認しておきましょう。
fxの必勝法を学ぶ【初めてのfx】HOMEへ fxの必勝法を学ぶ【初めてのfx】HOMEへ