fxと税金を知っておこう

fxと税金は気になっている人もいらっしゃると思いますのでこちらでも上げてみましょう。fxというのは、外国為替証拠金取引のこととなるですが、このfxの取引をして収益を得たときには、個人での場合は所得税の中でも雑所得といった取り扱いとなるのです、なのでfxの収入が総合課税の対象となるといわれるのですね。fxでの収益での額、20万円以上を超えた場合には、確定申告も行わないといけません、納税もしないといけません。

fxと税金では、20万円以上の超えたといった場合に、確定申告と納税が必要になるといわれますが、これはfxの収入が20万円を超えたといった場合に限らないで、fxでの収入が20万円を超えないといった場合であっても、fx以外で他に収入があるといった場合に、その収入と合算をした合計金額が20万円を超えたときには、たとえfx収入が20万円以内であったとしても税金を納めるといったことになるのです。

仮に扶養控除や、配偶者控除に入っているといったひとがfxで収入を得て20万円以上を超えたといった場合には、その人自身の確定申告が必要となるのですが、それ以外に扶養をしている配偶者の所得計算などで、配偶者控除・扶養控除といったことが適応をされなくなってしまうといったこともあるようですね。なので、fx取引をしている人は税金についてもよく勉強して知っておかないといけないと思われますし、確定申告も必要といったこともあるので、このfx取引と税金との関係は非常に密接しているのです。20万円以上をfxをして収入を得るといったことが出来た場合に、税金を納めなければいけないといったことはよく理解しておきましょう。

そんなつもりがなかったといった場合でも、申告漏れということが起こってしまいますと後々が大変ですので、fxや他の収入である程度利益が出てきているようでしたら、一度きちんと調べておくことをオススメします。

fxの確定申告って?

fxと確定申告は取引を開始しようと思っているかた、始めているかたで不明の人もいらっしゃるかもしれませんのでご紹介してみましょう。

fxの取引を長くなっているといった人は確定申告の有無といったことはご存知の場合もあるでしょう、ただfxをこれから始めようと考えている方、初心者のかたなどはfxと確定申告についてといった知識はあまり無いかも知れないでしょう。

fxと確定申告では、fxで儲けたことになるお金については確定申告をしないといけない収入になるのかといったことについてご紹介しましょう。
fxで得た収入で20万円以上になった人は、確定申告をしなければいけません。20万円以下の人はfxで収入を得ていましても、確定申告はしなくても良いということになるのです。fxで20万円以上の収入を1年間で得たという人は、雑所得といった扱いになり、確定申告をして所得税を支払うのです。しかし20万円になっていないといった人は確定申告をしなくてもよいといったことになっています。

ただ注意が必要ですが、会社員のかたなどで、fx以外に他にも株の取引をしていたりしてfxでは、20万円以下の収入だが、株の収入と足すと20万円以上と超えてしまうといった場合には、確定申告をする必要があります。これは株に限らずで、fx以外でアルバイトなどをしていて収入があり、その収入がfxで得た収入とあわせて20万円以上になっているといった場合では、fxの収入が20万円以内であった場合でも、確定申告をしなければいけないということになるのです。

fx初心者の人で、確定申告の必要性がどうなのか?といったことが難しく思われているかたもいらっしゃいますが、20万円ということを忘れないようにしてください、また他の収入も足しての計算になるといったこともお忘れないようにして下さいね。fx(外国為替証拠金取引)で確定申告をきちんとしないとニュースでもありましたが、後で大変なことになりますからね。

fx会社資料請求と比較を

fx会社資料請求に興味あるかたも多いと思いますので少しまとめてみましょう。

fx会社資料請求については、これからfxを始めたいと考えている方、または今現在fxの取引をしているといったかたであっても、もし新規の口座を開設しようと検討をされているのでしたら、一度ご検討のfx会社資料請求をしてみるとわからなかったことも見えてくるところがあってよいと思います。

fx会社資料請求をしてみると、わかることが多々あるのですがそれはfx会社資料請求をしてみると、その会社の取引のうえでの特徴・特色、口座開設までの流れといったこともわかります。fx会社を決める場合には、すぐに決定はしないでまずはfx会社資料請求をしてから各社からの資料が届いてから、比較してみてご検討されるのがよいでしょう。
fx会社資料請求が面倒と思う人もいらっしゃるでしょうが、fx会社の公式ホームページといったところから、簡単に資料請求は出来ますので、インターネット上で各必要事項を入力をしてfx会社資料請求をしてみてはどうでしょうか。

現在では、思ったよりも手軽にfx会社の資料請求が可能となっていますので、複数のfx会社資料請求をすれば、その分比較対象できることになりますので、まずはいくつかの会社に資料請求をしてみてはどうでしょうか?

fx会社資料請求をして手元にパンフレットが届きましたら、手数料の比較、スワップについては、預入金額等といったこと、ご自身の取引形態でのメリットになる会社はといったfx会社に絞っていくと良いのではないでしょうか。初心者の方でfxをこれからしようと考えられているかたや、fx取引はしているけどもう少し検討してみたいといったかたも、まずはfx会社資料請求からしてみるとよいでしょう。fx(外国為替証拠金取引)もやはり投資となりますので、きちんとした運用・信頼のおける会社との口座開設をしたいですからね。

fx取引会社比較をするうえで

fx取引会社比較ってどんな方法ややり方があるのでしょうか?ちょっと考えてみましょう。
fxをこれから始めてみようと検討されているかたは、fx取引会社をまず選ぶことになりますが、一度経験したことがあるかたはわかると思いますが、fx取引会社がたくさんあるのでどこの会社を選ぶとよいのかわからないといった人もいらっしゃるでしょう。
そういったときに、上手にfx取引会社の比較をしていくことがポイントとなるでしょう。
では、比較の方法がどういったことがあるか紹介してみましょう。

まずfx取引会社比較での大事なポイントはご自身にとってメリットがあるfx取引会社を探すことですね。スワップ、手数料といったところはfx取引会社比較を行う場合には必須となります、コスト重視でもしfx取引会社を比較してみる場合には限定キャンペーンといったキャンペーンをしている会社を探してみてもよいでしょう。

他には初めてfxを始めるといった初心者のかたでは、投資スタイルをどうやって考えているかといった面からfx取引会社を比較してみても良いでしょう。fx取引会社の比較で手数料の比較は安いに越したことはないのですが、取引頻度の説明等あればきにするようにしましょう。また元金を少しでも少ない状態ではじめてみようと考えているかたは、取引通貨単位が少ない会社のfx取引会社の比較でみるとよいですね。

fx取引会社はたくさんありますので、自分の中でポイント毎に比較をしてみてぴったりのfx取引会社を見つけるとよいでしょう。もしご自身でfx取引会社を比較することが面倒である場合には、比較サイトなどを利用してみると一覧になっていたりしますので、参考にはなるでしょう。外国為替証拠金取引をおこなっている、ネット銀行も増えてきていますし参入している会社も多いですので、信用度、安心感を重点において比較をしてみるといったこともよいかも知れませんね。

fx口座開設のポイントはなに?

fxを始める前に、fx口座開設のポイントについて知っておきましょう。fxは現在とっても人気のある外国為替証拠金取引と言われる投資のひとつですね。こちらは株よりも手軽な小額な金額で開始することが出来るといったことから、年齢も幅広く人気があるといわれております、ではこのfx口座開設のポイントをご紹介してみましょう。最初はまず比較ですね、やはり色々とfx口座を比較してみることが始めのfx口座開設のポイントです。ひとつのfx口座に限ってしまうのではなくて、様々なfx口座を調べてみてそのそれぞれでの特徴や機能・サービスについて比較検討をしていくことがよいですね。
この比較検討は面倒ですのでしないかたもいらっしゃるかもしれませんが、色々と比較をしてみて検討をすることは何事においても大事ですので、こういった投資や取引とするときには特に行うようにしてくださいね。fx口座開設のポイントとして比較をする場合に、手数料を例にとって比較をしてみましょう。fx口座開設で調べていると、よく手数料をキャンペーン期間中は無料としているところがありますし、またキャンペーン期間中以外についても常時手数料を無料にしているといったfx口座もあるでしょう。ですのでこの外国為替の取引の際にかかってしまう手数料をまずは、比較のポイントとしてもよいですね。また機能を比較することも、fx口座開設のポイントでは大事です。モバイル(携帯電話)で口座を開けるのか?や、他にどんな機能があるのかを調べることもfx口座開設でのポイントですね。ただ初心者のかたですと、色々あるfx口座を比較することが難しいかもしれませんが、お金を預けることにもなりますので大事なこととなりますので、まずは自分で比較検討することが最大のfx口座開設でのポイントとなるでしょう。

fx用語のロスカットの仕組み

fx取引を始める前にロスカットの仕組みを理解しておきましょう。このロスカットは取引に必要である保障金額が下がっていくことによって、fx業者が取り決めてある割合を下回ってしまったときに、強制的にポジションが全て、反対売買によって決済をされるような仕組みとなります。1口座での状況を評価したときに、実質保証金合計額と呼ばれるものが必要保証金合計金額の25%以下になった場合に、投資者のその口座でのポジション全部を自動的に決済をするといった仕組みをしているfx業者もあるようです。ロスカットを設定している目的は、損失をある一定の範囲で抑えるためではありますが、相場が急激に変動してしまったときなどには、25%ではおさまらないで預けている資産以上の損失になることも考えられますので注意が必要です。これがfxでのレバレッジを効かし大きな取引をして利益を得るか、大きな損失になってしまう可能性もあるといったfx取引の特徴でもありますね。そういった中で、損失を拡大させないようにするためのルールが、マージンコール・ロスカットコールとなります。信用取引などで聞いたことがある追証のようなものですね。
ただ売買をしたくないときに、自動的に売買されてしまうこともあり得ますのでfxでロスカットにならないようにする為には、実質保証金合計金額、必要保障金合計額の二つの割合が悪くなることがないように、余裕をもって保証金を預けておくのも回避の手ではあります。fxのロスカットでいくらならならないとは、投資者の持っているポジション・預入金額といったもので変わってきますので言えませんが、対策としてfx資金のうち限度額最大までポジションをもつといったことをしないで、ロスカットの水準が近くなってきた場合に早く的確に対処するといった対応は重要ですね。あがると読んでいたのに、自動的に決済されてしまって損失になってしまったなんてこともロスカットを気にしていないと考えられますので、fxでの取引ではよく注意しておきましょう。

fx用語のマージンコールの意味

fxの取引をされる前にマージンコールという言葉や仕組みがあることを知っておきましょう。これは、fxでの取引での必要な保障金額がfx業者で取り決めたことである割合を下回ってしまった場合に出されることになる警告をなります。わかり易くいいますと、もしこのまま相場が下がってしまうと、預けている保証金の何%を割り込むことになるという意味の警告ですね。このマージンコールがおこったときの処置や基準に関してはその取引をされているfx業者により違いますし、マージンコールを採用はしていないといったfx業者もありますのでそこもふまえて、業者を選ぶ際には比較したほうがよいかも知れません。
一般的にはこのマージンコールがおっこった場合には、これ以上の損失がでないように決済をする、翌銀行営業日までに金額を入金する(維持率の回復までの)といった方法ではないでしょうか。またもしもっと証拠金を割り込んでいってしまった場合には、fx取引では証拠金の追加といったような選択肢はなくなって、強制的に決済をするようにすることになったりします。これは、強制ロスカットと呼ばれて損失がどんどん膨らんでしまってしまい預けている証拠金からのマイナスになってしまうような状態から投資者を守るといったような仕組みでもあります。
fxでのレバレッジ設定と、このマージンコール・強制ロスカットの基準はここで関係してくるのですね。
fx業者でこんな例があります、ここでは投資家に対してのリスク管理を助けることを目的としてマージンコール制度を採用していて、30分おきに、時価評価・値洗いをfx投資者の口座に行っているようです、そして毎営業日での午後3時になったときの評価損での合計金額をみて、預けている資産での半分以上になってしまった場合に資産での担保の力が著しく下がっているとの判断で、fx投資者へ警告でのメールを出すようです。こういった仕組みをマージンコールの例です。この場合は口座での維持率が50%を下回ってしまった場合ですがここでの基準などはその取引をしている業者によって違いますので、リスク管理としてマージンコールが必要と感じたらそういった仕組みを提供している会社を選ぶようにして基準も確認するようにしましょう。

fx用語の通貨ペアを知る

fxの通貨ペアといった会話のやり取りを聞く事があるかもしれませんが、これは売買をすることとなる2国での通貨の組み合わせのことを言います。fxにおいては円と外貨以外でも外貨同士の組み合わせがありますので知っておきましょう。もし、USD/CHFといった取引をしたとして、プラスの収支でポジションを閉じたとき、CHF/JPYの円相場で最後に受取ることが出来る円での金額が変わってくることとなります。通貨ペアを数種類から数百と扱っているようなfx業者や会社がありますが、外貨fxトレードをで実際にしようすることとなる通貨ペアは数種類ぐらいとなるのではないでしょうか?
fxの初心者で気をつけたほうがよいのは、流通量が比較的にまだ少ない発展途上国のような通貨ペアで、自然災害や政治的な混乱といったことの発生で価格変動のリスク、カントリーリスクがかなり高くなることが考えられますので、fx取引での危険性がありますので十分注意するようにしましょう。
fxでの利益とはどういったものでしょうか?これは売買することによって生じる差益と、スワップポイントでの蓄積された金額となり、どちらも大事な部分ではあるのですが取引で選ぶ通過ペアによって、どちらの利益を優先したほうがよいか狙っていったほうがよいのかが変わります。最近のfxでの傾向で見られるのが、差益によって利益をだすといった場合には、ドル円、ユーロドル、ポンドドルやドルスイスといったドルを絡めた通貨ペアでの取引をするといったことではないでしょうか。またスワップポイントによっての蓄積でもし利益を出そうとした場合には、スワップポイントを通貨間での金利差が大きくなるといった組み合わせを考えてみましょう。例をあげると、ニュージーランドドル円、豪ドル円やポンド円などといった通過ペアになるでしょう。またスイスフランも日本円以外で低金利であったりしますので、スイスを組み合わせた通過ペアも考えてみてもよいかもしれませんね。fxの取引では、この利益を出す最善の方法を考えていくことになりますので通貨ペアはよく勉強しておきましょう。

fx用語のレバレッジの意味は

fxでよく使われる言葉の中でレバレッジというものがありますので、こちらもfx初心者のかたは覚えておきましょう。意味を直訳するとてこ、という意味ですがfxにおいては、元本に対する、投機的取引金額の倍率を意味する言葉としてこのレバレッジが使われます。fxを開始するときに、証拠金(保証金の意味合い)を始めにfx業者に預けます、そしてその証拠金を元手として価値が何倍もあるような通貨を購入して投資します。この際の取引する金額と証拠金との割合のことをレバレッジと呼ぶわけです。
外貨MMFや外貨預金といった他の外貨建ての金融商品と違いfxでは、実際に取引を行っている金額に対して、少ない投資資金(証拠金・保証金)で売買をすることが出来るのです。そしてこういった取引のことをレバレッジ(てこ)を効かした取引といったように表現をしたりします。小さな力で大きなものを動かすてこの原理の意味と重ねて考えるとわかりやすいかも知れませんね。
fxの特徴のひとつがこのレバレッジといってもよいと思いますが、他の外貨建て、金融商品との違いもこのレバレッジの差が大きいことも上げられます。ただ注意したほうがよいのは、fxでのレバレッジが高いということは、利益もそうなのですが、損失も大きくなりますので、このレバレッジを調節することにより、きちんとリスクとリターンを管理していくことがfxの取引では重要となるでしょう。
レバレッジ1倍といったものが、外貨金融商品にありますが、これは外貨預金のことで、この外貨預金には、レバレッジ1倍での取引が可能である外貨預金型注文というのがあるので、もし外貨預金をしているけど手数料のコストがかかりすぎて困っているなどど考えたことがあるかたは一度調べてみてはどうでしょうか。
レバレッジを効かした取引になりますと、元手(取引保証金)よりも大きい金額を運用していくこととなりますので、このレバレッジが高ければ高いほど少しの市場の動きでもお手持ちの口座の資産価値が大きく変動していきますので、fxを始めるかたは知っておきましょう。

fx用語のスワップ

fxの用語でスワップと言う言葉があります、聞いたことがあるかもしれませんがこのスワップとは交換するとの意味ですが、fxでのスワップでは日本と通貨発行国での金利の差をさします。例えば、日本円での金利がその通貨発行をしている国での金利の低いときにその外貨を購入をした場合に、日本とその発行国での金利差がスワップポイントとなって加算がされることとなります。金利収入と捉えるとわかりやすいかもしれませんね。
fxでは外貨を円を売って購入することができ、これは通貨を交換すると考えてもよいですが、この取引の際につく金利をスワップポイントやスワップ金利と呼んだりしますのでfx初心者のかたは基本ですので覚えておきましょう。日本では低金利が続いて長いですので外国での通貨を買った場合に低金利ですので、円金利が外貨金利を上回るといったことは現在のような低金利ですと考えにくいですね。ですので通常ですとfxでドルを購入をしたといったときには、スワップによってお金をもらえるといったことになります。もし円の金利がドルの金利を上回ることになるときには、fxで円売りでドル買いをしているような場合は投資家の人は反対にスワップとして金利差分を支払うことになるのです。現在もし、円買いでドル売りのようなポジションをお持ちの方は、スワップを支払うといったことになりますので注意しましょう。
fx初心者のかたで注意したほうがスワップでまだあります、これは反対売買(決済)をしなくては受取ることが出来ないとのことです、例をあげて説明しますとfxでドル/円をもっていたとして100円が毎日スワップとしてついたとして、年間にして36,500円といったスワップを手にしたことになります、ただ口座から出金が出来るようになるのがお持ちのドルを決済したときになるということです。こういった心配や注意もしておかなくてはいけませんので、fxの業者を比較して選ぶ場合にも、スワップを毎日引き出すことが出来るのか、決済してからでないと引き出すことが出来ないのかどちらの会社なのか確認しておきましょう。
fxの必勝法を学ぶ【初めてのfx】HOMEへ